【2024年2月14日】<魚上氷(うおこおりをいずる)>

今日は七十二侯の【魚上氷】(うおこおりをいずる)です。

【魚上氷】とは、二十四節気【立春】の末侯で、季節や自然の変化を表す重要な概念の一つです。この侯は、春の季節に位置し、氷が解けて川や湖の水温が上がり、魚が氷上に現れる時期を指します。

【魚上氷】は、春の季節に位置し、氷が解けて水温が上がり、川や湖の表面に魚が姿を現す時期を象徴します。冬の寒さが去り、春の訪れを告げる重要な時期であり、農民たちにとっては農作業を始める好機ともなります。氷が解けるとともに、水が温かくなり、魚が活発に動き始めるため、漁獲が盛んに行われる季節とも言えます。

この侯が訪れると、春の訪れを喜ぶ人々の間で様々な行事や祭りが行われることもあります。また、漁業や水産業に従事する人々にとっては、豊漁を祈願する儀式や祭りが行われることもあります。

【魚上氷】は、自然界のサイクルが繰り返される中で、季節の移り変わりを理解し、それに応じて生活や農作業を行う上での重要な指標となっています。また、この侯を通じて、人々は自然との調和を保ちながら暮らし、豊かな自然の恵みを受けることができるようになります。

この侯が訪れる春の季節には、人々は自然と調和した生活を送りながら、新しい一年の始まりを祝福し、豊かな収穫を期待するのです。

そしてバレンタインデーか・・・

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次