【2024年3月10日】<一粒万倍日><桃始笑(ももはじめてさく)>

【桃始笑】(ももはじめてさく)は、日本の伝統的な季節の区切り方である七十二候のひとつです。桃始笑は、春に関する候で、具体的には桃の花が咲き始める時期を指します。

ちなみに「咲」という字には、もともと笑うという意味があり、「笑」には咲くという意味があったと言われてます。
俳優の「武井咲」さんは「咲」とかいて「えみ(笑み)」と読むのも、おそらくここからきているのではないかと思います。

【桃始笑】は、桃の花が咲くという自然現象を表していますが、それだけではなく、季節の移り変わりや人々の心情を象徴することもあります。桃は春の象徴とされ、その花が咲くことで冬から春への移り変わりが訪れることを示唆しています。暖かな陽気と共に桃の花が咲くと、人々の心も明るくなり、新しい始まりを感じることができるでしょう。

【桃始笑】の時期には、春の訪れを感じることができます。冬の寒さから解放され、自然界は生き生きとした活気に満ちてきます。桃の花が咲く様子を見ると、新たな希望や活力が湧いてくることでしょう。また、農作業においても重要なタイミングとなります。桃の花が咲く頃には、農作業が本格化し、春の種まきや作物の育成が始まることが多いです。

【桃始笑】は新しい始まりや希望を象徴するとも言われています。この時期には、自分自身の目標や夢を再確認し、新たなチャレンジを始める良い機会です。春の訪れと共に、自分の人生にも新たな活力を取り入れてみましょう。

【桃始笑】は、自然の美しさや生命力を感じることができる素晴らしい季節のひとつです。桃の花が咲く頃には、心身ともにリフレッシュし、新たな希望に満ちた気持ちで新しい季節を迎えることができるでしょう。

さらに今日は【一粒万倍日】です。

新しいことにチャレンジするには、絶好の日ですね。

Good Luck!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次