【2024年3月20日】<春分><雀始巣(すずめはじめてすくう)>

春分とは
春分は、太陽が赤道上を通過する日であり、昼と夜の長さがほぼ等しくなる日です。一年の中で春分は、春の訪れを象徴する重要な日の一つです。毎年3月20日か21日ごろに訪れます。この日を中心にして、日照時間が徐々に長くなり、気温も上昇し、自然界では生物の活動が活発化します。

春分の日には、多くの文化や宗教で特別な行事やお祭りが行われることがあります。春の訪れを喜び、豊穣や新たな始まりを祝うための様々な行事が行われます。また、春分は農業においても重要な意味を持ちます。農作物の種まきや育苗が始まる時期として春分が利用されることがあります。

春分の日は、自然と人々の生活において重要な節目であり、新たな季節の訪れを感じることができる特別な日です。

雀始巣とは
雀始巣(すずめはじめてすくう)は、日本の七十二節気の一つであり、春の訪れを告げる重要な時期です。春の季節における自然の営みを表す雀始巣は、毎年3月20日ごろに訪れます。

この時期になると、日本各地でスズメが穴や鳥の巣箱を探し始め、巣作りを始めます。スズメが巣を作り始めることから、「雀始巣」と呼ばれるようになりました。巣作りを始めるスズメの姿は、春の到来を実感させる象徴的な光景となっています。

雀始巣は、春の訪れを感じさせる自然現象として、古くから日本の文化や風習に深く根付いています。日本の伝統的な暦や行事においても、雀始巣の時期を基準として季節の移り変わりを捉えることがあります。

まとめ
春分は春の訪れを象徴する日であり、太陽が赤道上を通過する日です。一方、雀始巣は、スズメが巣作りを始める春の時期を表す二十四節気の一つです。どちらも自然の営みや季節の移り変わりを感じさせる重要な時期であり、日本の文化や生活に深く根付いています。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次