【2024年6月18日】<天恩日>と<不成就日>

「天恩日(てんおんにち)」は、日本の暦において特に吉日とされる日の一つで、「天の恩恵を受ける日」として、何事においても良いとされる日です。天恩日は毎月一定の日に設定されており、具体的には旧暦の毎月13日から16日までの4日間が天恩日に該当します。旧暦では1ヶ月が29日または30日で構成されるため、天恩日は4日間連続となります。

なぜ天恩日は連続するのか?

天恩日が連続する理由は、以下のような暦の特性と文化的背景にあります。

  1. 暦の構造:
    • 旧暦は、太陰太陽暦に基づいており、月の満ち欠けを基にしています。これにより、1ヶ月が29日または30日で構成されます。
    • 天恩日は旧暦の毎月13日から16日までの4日間と定められているため、連続した日となります。
  2. 吉日の設定方法:
    • 天恩日や他の吉日は、古来の暦や陰陽道、占星術などに基づいて決められています。特に、天恩日は「天の恩恵」が特に強く働く日とされ、物事を始めるのに適した日として古くから尊ばれています。
    • このような吉日は、連続することで特定の行事や儀式に適した期間を提供します。例えば、結婚式や引越し、新しい事業の開始などにおいて、連続する吉日があると計画しやすくなります。

天恩日の歴史的背景

天恩日は、陰陽道や暦法の影響を強く受けています。陰陽道は、日本において平安時代から鎌倉時代にかけて盛んに信じられた思想体系で、天体の動きや暦を通じて人々の運命や吉凶を占うものでした。この陰陽道の影響により、天恩日をはじめとする吉日や凶日が設定されるようになりました。

天恩日は、平安時代以降の宮廷や武家社会において、重要な行事や決定の際に重視されました。このような背景から、天恩日は現代に至るまで吉日として認識され続けています。

現代における天恩日の意義

現代においても、天恩日は吉日として認識され、特に重要なイベントや行事の際に選ばれることが多いです。例えば、結婚式や新居への引越し、新規事業の開始など、多くの人が天恩日を選ぶことで幸運を祈る習慣が続いています。

結びに

天恩日が5日間連続する理由は、旧暦の構造と吉日の設定方法に起因しています。古来からの伝統と信仰に基づき、特定の期間を吉日として連続して設定することで、人々は重要な行事や儀式を円滑に行うことができました。現代においても、その伝統は引き継がれ、天恩日は多くの人々にとって特別な日として大切にされています。

目次

改めて<不成就日>について考察

「不成就日(ふじょうじゅび)」は、日本の暦における吉凶日(吉日と凶日)の一つで、特に「物事が成就しない日」として知られています。この日は新しいことを始めるのに適していないとされ、特に結婚や引越し、新規事業の開始など、重要な決定や行動を避けるべき日とされています。

不成就日の意味と由来

不成就日という名称は、そのまま「成就しない日」という意味を持ち、どんなに努力しても物事がうまくいかない日とされています。この考え方は、古来の日本の暦や陰陽道(おんみょうどう)、占星術などの影響を受けており、特定の日に吉凶を占う習慣から生まれました。

不成就日の特徴

  1. 頻度と期間:
    • 不成就日は毎月複数回設定されており、日によっては一日だけの場合もあれば、連続する場合もあります。
    • 一年を通じて計算されており、特定のパターンに基づいて不成就日が決定されます。
  2. 避けるべき行動:
    • 結婚: 結婚式や婚約など、重要な結婚に関する行事は避けるべきとされています。
    • 引越し: 新しい住居への移動や転居も、この日は避けるのが一般的です。
    • 新しいプロジェクトの開始: 事業の開始や重要な契約、新しい取り組みなども避けるべきとされています。

不成就日と他の吉凶日

不成就日は特定の期間に重なることがあるため、他の吉日や凶日と重なる場合もあります。例えば、大安や仏滅といった六曜(ろくよう)の日とも重なることがあります。この場合、不成就日の影響を強く受けるため、たとえ他の日が吉日であっても、新しいことを始めるのは避けるのが一般的です。

具体例

例えば、結婚式を計画する際には、結婚式場やプロのカウンセラーが暦を見て、吉日を選ぶ手助けをします。この際、不成就日は避けるべき日として強調されることが多いです。また、引越し業者や不動産業者も不成就日を考慮してスケジュールを組むことがあります。

現代における不成就日の影響

現代社会では、科学的根拠に基づく生活が重視される一方で、古来からの暦や伝統を重んじる風習も残っています。不成就日もその一つで、多くの人々が重要な行事や決定の際に暦を参考にしています。特に結婚式や引越しなど、人生の節目に関わるイベントでは、不成就日を避けることが一般的です。

結びに

不成就日は、物事が成就しない日として、新しいことを始めるのに適さない日とされています。この考え方は古くからの暦や占星術の影響を受けたものであり、現代においても重要な行事や決定の際に避けられる日とされています。伝統や文化を尊重しつつ、吉凶日を考慮した行動を取ることで、安心感を得ることができます。不成就日について理解し、日常生活に活用することで、より良い決定を下す手助けとなるでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次