一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)

一粒万倍日
目次

一粒万倍日とは?

一粒万倍日とは、1粒の籾種が何万倍にも実るという意味合いから、何事を始めるにも良い日とされています。

特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことなどには吉とされますが、逆に借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるため凶とされています。

一粒万倍日にした方がいいこと

宝くじの購入、起業(会社の登記)、開店、財布の購入・新調など。

一粒万倍日にしない方がいいこと

借金、借用、失言、攻撃、浪費など。

まとめ

一粒万倍日は、年間で約60にちあります。この日に始めたことは、やがて大きな成果を上げると言われていますので、この日をきっかけに、新しいことにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次