不成就日(ふじょうじゅび)

不成就日
目次

不成就日とは?

文字通り「何事も成就しない日」とされている日で、選日とよばれる中の凶日のひとつとなります。

吉日と重なる場合は、吉日の良いパワーが半減すると考える人もいます。

不成就日にした方がいいこと

ゆっくり過ごすことが良いとされていますので、十分睡眠を取るなど、心身が休まることをしましょう。

また、離婚、解約、葬式など、「終わらせる」ことには適していると言われています。

不成就日にしない方がいいこと

結婚、婚姻、入籍や財布の新調など、おめでたいことは避けた方が良いでしょう。

また、神社への参拝や命名など、ずらすことが可能なことであれば、天赦日や一粒万倍日などの吉日にした方が良いでしょう。

まとめ

不成就日は約一週間に1度の頻度で巡ってくる、ある意味では身近な凶日です。避けられるのであれば避ける方が気分が良いかも知れませんが、そこにこだわり過ぎる必要もありません。「そんな日もあるんだな」と参考程度にお考えください。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次