仏滅(ぶつめつ)

目次

仏滅とは?

「仏滅(ぶつめつ)」は、日本の伝統的な六曜の一つであり、陰陽五行思想や占星術に基づいて吉凶を占う指標とされています。直訳すると「仏が消える」または「仏滅期」となり、その名の通り、悪いことを始めるのに不向きな日とされています。

仏滅は吉凶を示す六曜の中で最も凶とされ、新しい計画や重要なイベントを避ける傾向があります。商取引や仕事の開始、結婚式などの行事は、仏滅の日を避けることが一般的です。これは、陰陽五行思想に基づく相克の法則や、占星術における星の位置が不吉であるとの信仰に基づいています。

ただし、近年では西洋のグレゴリオ暦が主流となりつつあり、伝統的な日付の重要性は相対的に低まっています。一部の神社仏閣や伝統行事では、仏滅の日に特別な儀式が行われることもありますが、一般的にはそれほど強く意識されることはありません。伝統文化や信仰に根ざした要素として、一部の地域や人々にとっては重要な日とされています。

仏滅にした方がいいこと

「仏の入滅」=「お釈迦様が亡くなった日」とされていて、六曜における大凶日で、何事も慎むべき日とされています。
終日凶とされていますが、午後は吉とする説もあるようです。

また、仏事や別れたい人との別れには良い日と言われているので、悪縁を切り、改めて人生をスタートしたいときなどには適しているとも言われています。
逆に、仏滅の日から始まることは長引くと言われているので、病気やケガには注意してください。

仏滅にしない方がいいこと

「何をするにも良くない日」とされているため、慶事、特に結婚式や入籍、それにまつわる招待状や引出物の発送まで、縁起が悪いとしてこの日を避ける人が多いようです。

まとめ

仏滅は「万事凶」とされています。
文字の印象や雰囲気から、入籍や結婚式などの慶事や引越しなどは避けた方が良いと考える方が多いようです。

ただし、「物事が一度終わりを迎え、リセットする日」と捉えることで、「悪縁や良くない状況との決別に適している」という考え方もあるようですので、考え方や心持ち次第ということですね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次