先勝(せんかち・せんしょう)

目次

先勝とは?

「先勝(せんしょう)」は、日本の伝統的な暦において重要視される日の一つです。これは、陰陽五行思想や占星術に基づき、吉凶を占うための指標とされています。その名の通り、「初めて良し」とされ、新たな始まりや取り組みに適していると信じられています。

先勝の日には、商売繁盛や新規プロジェクトの開始、結婚式、移転など、重要な出来事を計画することが一般的です。これは、先勝が良いことを始めるのに適した日であるという信仰に基づいています。また、一日の中でも時間帯によって吉凶が異なり、その点も考慮されることがあります。

ただし、日本の社会が西洋のグレゴリオ暦を主に使用するようになる中で、先勝の重要性は相対的に低くなっています。しかし、神社仏閣や一部の伝統的な行事では、まだ先勝が重要視されています。これは、日本の文化や信仰が根付いている伝統的な要素の一つとして捉えられています。

先勝にした方がいいこと

先勝は「先んずれば必ず勝つ=先手必勝」という意味があり、「万事において急ぐと良い」とされる日です。
勝負事にも向いています。 ただし時間帯によって吉凶が変わり、午前までが吉、午後からは凶とされています。

先勝にしない方がいいこと

先勝の日は午前中、厳密にいうと午後2時ごろまでに行動することが吉とされていますので、結婚式などのお祝い事や引っ越し、納車や用事などは早めに行うようにしましょう。

まとめ

先勝は基本的には「良い日」とされていますが、大安のように一日を通じて吉とされる日ではありません。
吉とされるのは午前中、厳密には午後2時までとされていますので、大事な予定は午前中に済ませるとよいでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次