先負(さきまけ・せんまけ・せんぷ)

目次

先負とは?

「先負(せんぶ)」もまた、日本の伝統的な暦において重要な日の一つです。これは、陰陽五行思想や占星術に基づいて、吉凶を占う手法の一環として位置づけられています。名前の通り、「初めて凶し」とされ、新しい始まりや取り組みには不適とされる日です。

先負の日には、大切な行事や重要な計画を避ける傾向があります。商売繁盛やプロジェクトの開始、結婚式などは、先負の日を避けることが一般的です。これは、先負が良くないことを始めるのに適さないという信仰に基づいています。

日本の伝統的な暦は陰陽五行思想に深く根ざしており、先負もその一環として吉凶を示す要素として位置づけられています。ただし、現代の社会では西洋のグレゴリオ暦が主流となり、これらの伝統的な日付の意義は相対的に低まっています。それでもなお、神社仏閣や一部の伝統行事では、先負が重要視されることがあり、伝統文化や信仰の一翼を担っています。

先負にした方がいいこと

先負けは午前中が凶で、午後からは吉とされていますので、慶事、お参り、納車、引越しなどは、午後に行うと良いと言われています。

先負にしない方がいいこと

先負は、「先んずれば即ち負ける」という意味があります。
物事を急いで進めたり、慌てたりするのはNGとされ、時間帯で言うと「午前は凶、午後は吉」とされていますので、何か行動を起こすなら午後からがおすすめです。

まとめ

「負」という文字が入っているので、なんとなく縁起が悪そうに感じますが、先負はそれほど悪い日ではありません。

また、六曜は宗教に関わることではないので、お葬式などの宗教的な儀式で気にする必要はない日だと覚えておきましょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次