大安(たいあん)

目次

大安とは?

「大安(たいあん)」は、日本の伝統的な六曜の一つで、吉凶を占うための日の指標です。その名の通り、「大吉安穏」とも呼ばれ、非常に吉兆な日とされています。

大安は新しい計画や重要なイベントを始めるのに最も適した日とされています。商売繁盛、新規プロジェクトの開始、結婚式、移転など、良いことを始めるには最も好都合な日とされています。陰陽五行思想や占星術に基づき、天文の位置や星の配置が吉兆を示すとされています。

大安の日には、特に神社仏閣や一部の伝統行事において、祈祷や儀式が行われることがあります。また、一般の人々も大安の日に何かを始めたり、重要な行事を計画したりすることが一般的です。ただし、日本の現代社会では西洋のグレゴリオ暦が主流となりつつあり、伝統的な日付の意義は相対的に低まっています。それでもなお、大安の日に特別な意味を見出す人々が存在し、伝統文化や信仰に根ざした要素として残っています。

大安にした方がいいこと

大安は、六曜の中でも1番の大吉日で、何を行うにしても良い日とされています。
特に入籍、結婚式、引越し、開店、開業、地鎮祭、上棟式、お宮参り、七五三、納車、宝くじを買うなど、慶事や新しいことを始めるには最適な日といわれています。

大安にしない方がいいこと

大安は凶となる事柄や時間帯がないので、特にやってはいけないことはありませんが、強いてあげるならお通夜、葬儀、法事などは、「わざわざ大安の日に不謹慎では?」と感じる人がいるかも知れないため、避けた方が無難だとされています。

まとめ

大安とは、本来「大いに安し」という意味で、「とても穏やかで不安がない」という日です。
六曜には、吉となる時間帯と凶となる時間帯が定められていますが、大安の日は24時間すべて安泰に過ごせるとされています。
刑事やお祝い事に最適なのはもちろん、新生活のスタートや新しいことにチャレンジするタイミングとしても最適な日です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次