月徳日(つきとくにち・がっとくにち)

月徳日
目次

月徳日とは?

「月徳」とは、その月の徳神のことを指し、その神様がいる日が「月徳日」です。
「七箇の善日」の一つであり、「その月の福徳が得られる日」という意味があるので、何を始めても吉日と言われています。

月徳日にした方がいいこと

引っ越し、建築、リフォームといった「土」に関わることとの相性が非常に良い吉日です。

これらの契約にも吉となるでしょう。

月徳日にしない方がいいこと

とくにありません。何事にも吉です。

まとめ

あまりメジャーな吉日ではありませんが、特に「土」関係には良い日なので、参考にされてみてはいかがでしょうか。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次