赤口(せきぐち・しゃっこう・しゃっく)

目次

赤口とは?

「赤口(あかぐち)」は、日本の伝統的な暦において吉凶を占うための日の一つであり、陰陽五行思想や占星術に基づいています。この日は「初めて赤し」とも呼ばれ、良いことを始めるのに適した日とされています。

赤口は六曜の一つで、「初めて赤い」という意味があります。この日には、商売繁盛や新規プロジェクトの開始、結婚式、移転などの重要なイベントが吉とされています。特に、赤口の日に計画されることは成功の可能性が高まるとされています。

日本の伝統的な暦は、季節や天文現象に基づいており、これによって吉凶が判断されています。赤口の日は、陰陽五行思想に基づく相生相剋の法則や、占星術における星の配置などが考慮されていると言えます。しかし、近年では西洋のグレゴリオ暦が主流となりつつあり、伝統的な日付の意義は相対的に低まっています。それでもなお、一部の神社仏閣や伝統行事では、赤口の日に特別な儀式が行われることがあります。

赤口にした方がいいこと

「赤口」は牛の刻(11時から13時まで)になると鬼神が休むという理由から、この時間帯は吉とされています。
もし、この日に予定を入れたい場合は、この時間帯を選ぶといいでしょう。

赤口にしない方がいいこと

「赤口」は入籍や結婚式など、婚礼の行事全般や引っ越し、納車なども避けた方がいいと言われています。

まとめ

赤口は、鬼が支配する凶日として、特にお祝い事全般に向かない日とされています。
また「赤」という字が入っているため、火や血の出ることには要注意とも言われています。
ただし、11~13時だけは吉の時間帯なので、どうしても赤口に何かをしないといけない場合は、気になる方はこの時間帯に行うと良いでしょう。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次